HandyPSK

HandyPSK はコンパクトなデジタルモード専用トランシーバーです

Go English page

HandyPSKはデジタルモード(PSK31, QPSK31)とCW運用が可能なモノバンドQRPトランシーバです
HandyPSKだけで送受信が可能ですのでPCや無線機は不要です。バッテリーとアンテナを接続するだけで
何処でもデジタルモードQSOが楽しめます。

まだまだ製造できる数には限界がある為、最初は7MHzモデルのみ販売中です。
14MHzと21MHzモデルは生産体制が整い次第順次受注を開始しますのでご容赦ください。
発注はこのページからお願いします。
マニュアルをご覧になってHandyPSKの操作方法を理解して下さい。
マニュアルはこのページを参照してください

HandyPSKの概要

- デジタルモード専用の小型モノバンドQRPトランシーバです.
- 7MHz版と14MHz版が選べます.
- これ1台で送受信が可能です.外付けの無線機や音声接続は不要です.
- アンテナ信号を直接クリスタルフィルタに通過させ低ノイズで高IMDダイナミックレンジな受信を実現します.
- 内蔵DSPがノイズに埋もれた信号を掘り出して受信文字列をデコードします.外付けのPCは不要です.
- ダイアル一つで運用が可能です.受信文字列から相手局名や名前をコピーして送信テンプレートに貼り付けます.
- 128 x 64 ドット(バックライト付)の液晶ディスプレイを装備.
- 高速でリフレッシュするスペアナ表示と25文字 x 6行のテキスト表示エリア.
- 送信出力は100mWです. 外付けリニアアンプコントロール用の信号も出力しています.
- 対応モード: BPSK31, QPSK31, RTTY, CW
- 外付けのPS2キーボードにより自由に文字を入力できます.
- 電源はEIAJ規格(4mmジャック)の5Vなので各種のUSB用の充電式電源が利用可能です.
- 大きさは93mm x 72mm x 29mm(ただし突起部分を含まず)

HandyPSKの外見(プロトタイプ)

上から見た状態. 製品版は黒い金属製のケースに収めて出荷します.

プッシュボタン内蔵のロータリーダイアルで運用します. 運用ログはMicroSDカードに保存できます.

左側から5Vパワージャック(EIAJ), 電源スイッチ, ヘッドフォン/コントロール出力, PS2キーボード/シリアル/パドル端子, アンテナ端子(BNC).

メイン基板. DsPIC33F DSPやTI 3204コーデックチップ, 3ポールのクリスタルフィルタが見える

受信中の画面. スペアナ表示やチューニングインジケータやデコードしたテキストが表示されている.

白いプロトタイプ版のケースに収めたHandyPSK.製品版は黒いケースになります。重量は250g程度.

HandyPSK 関連の動画(残念ながら英語版)

- HandyPSKの外見の紹介

- HandyPSKのチューニング方法

- HandyPSKで受信テキストからキーワードをピックアップ

- HandyPSKの送信時に使用するテンプレートについて

- HandyPSKに外部キーボードを接続する

- HandyPSKの設定画面

HandyPSKに関するFAQ集

HandyPSKに関するFAQはこのページをご覧ください

HandyPSKの回路図

HandyPSKの回路図のダウンロードはここからどうぞ(PDF)

HandyPSKの送信機系統図

HandyPSKの送信機系統図のダウンロードはここからどうぞ(PDF)